にじいろの日々

私、yuのいろんな出来事をつづる

作品集と写真

実家の片付けに行ってきました。
幼稚園〜小学生時代の作品集がたくさん出てきました。


こんなに大切に取っていてくれた両親に感謝しました。
全部とっていたんだね〜ありがとうね、と。


一緒にみると思い出が蘇ってきて、また楽しかったです。
ただ、もう見ることもなく、しまわれていただけのこの作品集がまた開けられて、整理されて、保管されてよかった。


写真もネガはもう見ることもないだろうということで全て処分しました。
ネガがあるということはプリントされているということだから。

こんまりさんの本に、今は時間がないから、と片付けを後回しにしているエピソードがありました。


時間は作るものだから、見つけてしなきゃいけない。
片付けをしたい!と思うことはめったにないと思うのです。
それよりも魅力的なことがたくさんあるのだから。
そうして、時間だけが過ぎて、
いざしようとしたらもう体力もなくて、
アルバムをみたくても写真がない
ざっくばらんにおかれた写真の山。


そんなのは嫌だから
今回大幅に片付けられてよかった。
また帰った時に少しづつ写真片付けよう